感性に合う小説を読む事は、至福です。

年々、小説を読む機会が減ってきています。痩身エステ効果|顔の肌がたるみ始めると生き生きとした表情がなくなり…。

活字中毒であった私が小説を読まなくなりつつある事に、脳が衰え始めたのかもと、自分で自分の事を心配しています。酵素ドリンク

書店は度々行きます。アコム

しかし最近は、タイトルを見て気になる小説を手に取りページをめくってみても、インスピレーションがわかないのです。美容

私が一見でこの小説を読みたいと決める時は、最初の数行を読んだインスピレーションにかかっています。ゼロファクター

数行読む、そしてインスピレーションでピンとくれば、その小説をすぐに購入にレジに行きます。アコム

購入した小説は、大抵はそのインスピレーション通りの良い結果となります。アコム

すなわち、「この小説を読めて本当に良かった」という感動を得る事が出来ます。アコム

しかし、この頃は小説を手に数行読んでもピンときません。可愛い ベビー服

この事は、小説好きの人間にとって、感性の枯渇につながる事を指します。父の日 肉

良い小説に出会った時のときめきは、天に舞い上がる気持ちです。

それが、年々少なくなっているのです。

宮本輝の本を数行読みインスピレーションを得た事、小川糸の本を読みインスピレーションを得た事、そのインスピレーションの喜びがなくなりつつある事に、本当に私は、自分に残念です。

インスピレーションにピンとくる小説に、巡りあえるように切に念じるばかりです。

コンテンツメニュー

    Link